一度きりの人生を、後悔のないものに。シニア婚活、上手なやり方

歳を重ねるごとに、付き合いのある友達の数は減少し、それに比例して、寂しさが心を占領するようになります。

そうなってくると、今まで独身貴族を貫いてきた気高い人物であっても、ちょっと、普段から誰かがそばにいてくれたらいいな、と思えてきます。
死んでしまった伴侶を一生愛しつづけると心に決めた一途な人も、寂しさに耐え切れなくなってきます。

しかし、それは何も恥ずかしがることではありません。
たしかにそれまでは、結婚というものに良いイメージが持てず、独り身のほうがメリットが多いだろうと考えてきました。たしかに、たったひとりの人だけを愛すと誓ってきました。

でも、人の心や考え方というのは、歳を重ねたり、自分を取り巻く環境によって、どうとでも左右するもので、今まで結婚に興味の無かった人が、ある日突然に「結婚したい」と言い出しても、それは不思議なことではありません。

どんな優等生も、悪友と関わっていれば、いずれは不良になるように、あるいは、素行の悪いことで有名な不良が、先生のひとことがきっかけで改心するように、人はちょっとしたことで変わるものなのです。

それはどんな人間でも同じ。
他の誰にも、あなたを嘲る資格はありません。

さて、それでも、結婚したいと思った時期が周りと比べて遅いと、相手を見つけるのが難しいのも事実です。そのくらいの歳になると、同年齢の異性のほとんどが結婚していますし、若い子を捕まえるというのも、現実的に厳しい。

いちばんよいのは、あなたの財力を見せつけることですが、それもできないとなると、いよいよ結婚は難しいように思えてきます。しかし、諦めるにはまだ早い。
結婚への道は、まだいくつか残されています。

その上手なやり方は、結婚相談所と、結婚活動サイト(いわゆる出会い系サイト)を併用することです。

結婚相談所では、プロフィールを登録しておくだけで、担当の人間が、相性の良さそうな人をいくらか紹介してくれたり、その他の結婚活動中の異性にあなたという人間を公開してくれたりします。

また、出会い系サイトも今ではかなり進歩し、なんと、○○歳以上の方だけが利用できる「結婚活動サイト」というのもあるくらいなのです。それらをうまく活用して、相手を探していくわけです。

ここで問題なのが、果たして自分は魅力的であるのか、そもそも、この歳になって未だ結婚せずにいる異性が存在するのか、ということですが、その点についてはご安心ください。この記事が、男性向けにも、女性向けにも書かれていないように、その歳まで結婚をしなかった人、結婚はしていたがなんらかの理由で相手と離れ離れになってしまった人というのは、男女共に多数いらっしゃいます。

なので、実際の問題は、その数ではなく、あなたの心です。
周りの目を気にしてはいけません。一度きりの人生を後悔せずに歩めるか、それはすべて、あなたにかかっています。世間体やプライドなど、つまらないものに固執して人生を無駄にしたのでは、もったいないですよ。

Leave a Reply

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">